アイマイモコ。

広く浅く、ぼんやりと。

「実践」を伴わない学びは「無」に等しい。

こんばんは。

久しぶりに時間が生まれたので、記しておきます。

 

学ぶことや勉強すること。

それ自体が悪いこととは思いません。

 

自らを向上させたり成長することに繋げたい。

意欲的で素晴らしいと思います。

 

けれど、世の中の人を見てると、

学ぶことや勉強すること自体を目的化している人が多いと気づきます。

 

セミナーや交流会に行き、資格取得を目指す。

行ったこと、資格を取ったことで止まる人が多いと感じます。

 

パーソナルな場なんでハッキリ言わせてもらうと、

その学びを実践に繋げられないのであれば、時間の無駄でしかないです。

 

ぼくは大学を卒業して4~5年が経ちますけど、

正直、仕事に役に立つことは仕事でしか身につかないと断言できます。

 

元々、mixiやアメブロなどに日記を書くことが好きだったぼくは、

ブログの執筆、運営を本格的に始め、ライターになり、いま編集者として生活できるまでに至っています。

 

もちろん、本も沢山読みましたし、人の講演会などにも行きました。

セミナーにもお金を使いました。

 

けれど、なぜぼくが好きだった「書く」ことを生業にできているかと言われれば、

シンプルに「書いてきた」からです。

 

コネクションなんて全く持っていなかったぼくができたのは、

ネット検索やTwitterのエゴサーチで媒体を見つけ、応募して、書く。

 

ブログやnoteを更新して自分を発信する。

誰でもできることです。 

 

一つ一つを積み重ねていく。

そのためには実践で磨くしかない。

 

絵が好きなら書いてTwitterやインスタに投稿する。

写真が好きなら撮りまくって、自分のHPやSNSで発信する。

 

フリーランスになりたいなら、クラウドサービスを使うなり自分で稼げるか試してみる。結局「やる」以外に方法はないんです。

 

自分の人生はあっという間に過ぎて行ってしまいます。

有限です。

 

その中で自分がやりたいことやなりたい理想に近づくためには、

実践、つまり「やる」こと。これ以外ないです。

 

学んだことを行動に移す、実践する。

人生を無駄にしないために、このクセをつけて欲しいと思います。

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

 

自己顕示欲と上手に付き合うということ。

インターネットが発達した現在、

ブログ、SNSで個人が自由に発言できる時代になりました。

 

その際に向き合う必要あがあるのが人間の「自己顕示欲」。

自分を人にアピールしていくという行為です。

 

この欲求は一見悪いことに見られがちです。

認められたいという欲求が行き過ぎてしまいがちだからです。

 

けれど、この感情、欲求自体は大小の違いこそあれ、

誰でも持っているものだと思うし、必ずしもネガティブなものではないと思うのです。

 

人に認められたい承認欲求や満たされていという気持ちは誰しもが抱えている。

小さいとき先生に褒められたかったのと同じように、大人になっても人間の本質は変わらないと思います。

 

だったら、自己顕示欲を持つこと否定するより、

上手くコントロールして、共存していくことを選んだほうがいいと思うのです。

 

よくないのは他人と自分を比較してしまうこと。

「あの人より自分は優れている」とか逆に「私は○○さんよりも劣っている」と勝手に落ち込んでしまうこと。

 

競争意欲は自分を駆り立てる材料になる反面、

行き過ぎて相手を憎んだり蔑んだりすることにもつながりかねないです。

 

そのように人との比較を考えるのでなくて、

ただ自分を満たすために使う自己顕示欲ならいいとぼくは思うのです。

 

個人が誰でもオープンに自分を表現できるようになったこの現代。

「自己顕示欲」と上手に向き合うことは大切だなとふと思うのでした。

「認められたい」の正体 ― 承認不安の時代 (講談社現代新書)

「認められたい」の正体 ― 承認不安の時代 (講談社現代新書)

 

 スポンサーリンク

 

 

 

上京から1ヵ月経過。東京へ来て良かったこと。

2月半ばに6年弱住んだ大阪から上京して1ヵ月以上が経ちました。

過ぎてみればあっという間です。

 

この1ヵ月間は慣れる期間と割り切ってたけれど、

ハッキリ言えるのは、上京したことは、ぼくにっては「正解」だったということです。

 

まだこれから恩恵はあると思うけれど、

今の段階で感じるよかったことを挙げていきたいと思います。

①人間関係が整理された

まずはこれですね。

人間関係をすっきり整理することができました。

 

6年弱も同じ場所に住んでいれば職場の仲間や友人・知人は増えていきます。

知り合いゼロから大阪に飛び込んだぼくにとって、これは本当にありがたいことでした。

 

けれど、同じ人間関係、同じコミュニティに依存することは変化、成長をとめてしまうことにつながるとぼくは思っています。

そういう意味でも今回の上京はタイミング的にも良かったと思います。

 

関西の知り合いには頻繁に会うことはできなくなったけれど、SNS、LINEなどコミュニケーション・ツールには困りません。

 なによりこの1ヵ月過ごす中で自分が本当に大事にしたい人や、これからもいい関係を築いていきたい人たちがはっきりしました。

これは親しんだ場所を離れないと分からなかったことです。

②自分の時間ができた

これは①とつながる部分もあるんですけど、

人間関係を整理することで自分の時間が増えました。

 

まだ上京して1ヵ月ちょっとしか経ってません。

学生時代の同級生や知人もいますけど関西にいた時ほど人とは会わなくなりました。

 

それによって自分が時間ができたらやりたかったこと、

ゆっくり読書する時間や、こうしてブログを書く時間も生まれました。

 

ほかにも時間が生まれたことでできることは増えたので、

自分のやりたいことのために一日一日を充実させていきたいです。

③会いたかった人に会える可能性が高まった

3番目がこれ。

これはいまのところ東京へ来た最大のメリットだと思っています。

camp-fire.jp

 スポンサーリンク

 

 

 

いまキングコングの西野さんが行っている「しるし書店」プロジェクト。

誰でも古本屋を作れるプラットフォームを作ろうというクラウドファンディングです。

 

ぼくはこのプロジェクトのパトロンになりました(3,000円×2)。

リターンは西野さん主催のバーベキュー大会、しるし書店出店に向けた勉強会です。

 

この支援も大阪にいたら「東京だから行けない」という理由で最初から参加しなかったと思います。

けれど、関東のイベントでも今ならためらわず参加できる環境を手に入れました。

 

ほかにも堀江貴文さんがやられているサロン、「堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」への参加も検討しています。

5月から参加できればと考えてます。

堀江貴文イノベーション大学校 | 堀江貴文イノベーション大学校

まとめ

いまのところ感じている上京したメリットです。

人生を大きく動かすために大事なのは「環境を変えること」

 

変化することを避けていると、いまの環境によくも悪くも慣れてしまい、刺激が弱くなります。6年弱大阪に住んだぼくは、その弱くなっていく感じをヒシヒシと感じていました。

 

別にみんながみんな東京へくる必要はないと思います。

地方へ移住だっていいし、海外へ飛び出すのも一つの方法です。

 

大事なのは自分がどのような人生を送りたいか、そのためにどう行動したらいいか考え、実行すること。

 

変化しない人生はぼくはつまらないと思うので、

これからも常に変化することをやめないでいたいと思います。

ではでは。

「若者の○○離れ」って今まで近づきすぎてただけじゃない?

どうもこんにちは。

別にどうでもいいんですけど、ふと気になったので。

 

 スポンサーリンク

 

 

www.wunderman-d.com

blogos.com

 「若者の○○離れが進んでいる」

「最近の若者は〇〇だ」

まあネット、経済系の媒体とかに多いですよね、この系統の記事。

f:id:imoto78:20170319105423j:plain

こんな一覧も見つけてびっくりしましたね。

「離れてるなー」と思いました。

 

これを一つ一つ片づけてくと、

一冊の本でも出来上がりそうなのでいくつか。

 

「アルコール離れ」

昔の人はそんな近づいてたんですか?

知らないですけど。

 

ぼくの知り合い、友人、20代が中心ですけど

お酒が好きな子は本当好きですよね。

ぼくは社会入ってからはコミュニケーションツールとしてのお酒は好きです。

 

こういう記事を書くライター、記者の方がおそらく30~40代以上の方なんでしょうけど、

若者と接していない人が書いてるもしくは、そういう終着点が書きやすいんだろうなというのは想像がつきます。

 

「クルマ離れ」

これもメディアは好きですよね。

ぼくの考えを書いておきます。

 

都会に住んでる人と、田舎に住んでる人でいる、いらないが変わってきますね。

ぼくが育ったのは愛知の豊田市といういわゆる「クルマの街」なので、

駅が遠かったり、車を使わざるを得ないような環境ですよね。(高校時代最寄りの駅まで30分自転車をこいでいました。)

 

大学時代教習所に通って免許は取りましたけど、三重、大阪と移り住んで先日東京に引っ越しました。

一人暮らしで駅までのアクセス、アパート・マンションの駐車場とか考えたらいらないですよね。

 

車に関しては日本の社会構造を考えると、

売れなくなるのは当たり前じゃないですかね?

高齢化社会も進んでますし、若者が簡単に車を買える時代でもないですから。

 

ぼくの祖父母が80代とかで車に乗っているのを見ていると、

乗られるほうが事故の危険性も高まって社会にとってはリスクになるんじゃないですかね?

 

ほかにもつっこみたい「○○離れ」はたくさんありますけど、

要は昭和から平成にかけて当たり前だった価値観とか考え、スタイルが時代と共に変化しているんだと思うんです。

 

「最近の若者は○○離れだ」

自分たちの価値観を押し付けてくる大人の方々の「金言」は

ほっとくかそうだったんですねーで聞き流しておけばいいんです。

 

結論としては、「若者の○○離れ」はただ今までが近づきすぎてただけでそれが形を変えてきているということです。

ふと引っかかったので文字に起こしてまとめてみました。

 

皆さんはいかがお考えでしょうか?

ではでは。

 

 

若者離れ 電通が考える未来のためのコミュニケーション術

若者離れ 電通が考える未来のためのコミュニケーション術

  • 作者: 吉田将英,奈木れい,小木真,佐藤瞳,電通若者研究部
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2016/07/29
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

「生きるために書く」ではなく、「書くために生きている」

ちょっと時間があったのでYoutubeを覗いてたら、

笑福亭鶴瓶さん司会「A-Studio」の松山千春さんがゲストの回を見つけました。

www.youtube.com

 

 スポンサーリンク

 

 

全部通して本当に素晴らしい回なんですけど、

後半の千春さんの言葉が心に残りました。

 

決して生きるために歌ってるんじゃないんです。

歌うために生きているんです。

生きるというのは我々にとっては「手段」であって歌うことが「目的」です。 

何気ない一言ですけど、

ハッとさせられました。

 

ぼくは書くことが昔から好きでした。

宿題で出された読書感想文も書き始めるまではめんどくさかったけど、

書き始めて没頭してる時間は楽しかったです。

 

大学時代にSNSというものが出てきて、

mixi、アメブロ、ライブドアブログなど様々な手段を使って書いてきました。

 

書き続けた結果、ライターという仕事に巡り合いました。

ライターを続けていくうちに編集者という仕事に巡り合いました。

 

結果的に文章を書くこと、コンテンツを作っていくことが生活の一部になりました。

けれど、それは「生活のため」とか「ライターとして飯を食ってやる」とかそんな大それたことではなかったんですよね。

 

ただ書くことが好き。

ブログやライターを始めた頃は「生きるために書いている」気がしてたけれど、

根本は書くことが好きで、自分は書きたいから生きているんだなと千春さんの言葉で気が付かされました。

 

もちろん文章力や言葉のチョイス、言い回しとかテクニカルな部分を考えることもあります。

けれど、極端な話、自分の文章が他人にどう評価されようがそこは自分が立ち入る領域ではないんだなと思いました。

 

文章を書く以外にも、本を読むことも好きだし、音楽を聴くことも、歌うことも好き。

これらも生きるための手段ではない。それらを楽しむことが目的で、それを楽しむために生きているんだなと気づかされました。

 

「生きるために書く」のではなく、「書くために生きている」

そう言える人間でいたいなと思います。

ではでは。

東京の街に出て来ました。

あい変わらずわけの解らないこと言ってます。

言ってみたかったんです、はい。

www.youtube.com

 スポンサーリンク

 

 

ブログを放置している間に色々あったわけですが。

でっかいイベントとしては上京です。

 

2月中旬に6年弱暮らした大阪を離れて東京へやって参りました。

上京の際にはくるりの東京もしっかり聴いてました。

 

ぼくは両親が二人とも関西の出身なので、

小さいころから大阪イコール一番すごい場所みたいな気持ちだったんです。

 

大阪に住むという目標を6年前、23歳の時に達成して、

紆余曲折ありながら暮らしてきたわけですけど。

 

人間とはぜいたくな生き物ですね。

「慣れ」が生じるとそれがやがて「飽き」に変わっていくんですね。

 

兵庫で生まれて愛知、メルボルン、三重、大阪と暮らしていくうちに、

また新しい場所で新しい経験がしたいなと思い始めたわけです。

 

東京に住みだして3週間強くらいですか。

新しくWeb編集者としてのキャリアもスタートしました。

 

思ったより淡々と毎日が過ぎていくなという感じです。

新しい発見の繰り返しだった最初の一週間当たりに比べたら落ち着いてきました。

 

まだ東京も池袋しかブラブラできていないですけど。

まあこれから色々な場所に行く機会も増えてくると思います。

 

初めての引っ越しでもないし、初めての一人暮らしでも、初めての転職でもないので。

まあ気張らず、無理せず、淡々と。

 

一日一日を過ごしていければと思います。

一回きりの人生なんでね、楽しく。

 

久しぶりにブログを書くと意外と書けてしまいますね。

仕事でさんざん文章を読んで書いてきた後ですけど。

 

そんなわけで上京もしてブログもちょこちょこ更新していければと思います。

ではでは。

レールからはみ出ることを怖がる人たち

こんばんは。

久々のブログ更新です。

元陸上選手の為末大さんがこのようなツイートをしていました。為末さんは元アスリートなのに哲学者並に抽象的な物事を言語化することに長けた人だなといつも思います。

 スポンサーリンク

 

 

趣味でも仕事でも新しいことに挑戦したいという人はたくさんいると思います。 

今いる環境から飛び出したい人、自分を変えたい人。

 

けれど色々な人に出会っていると、「○○したいんです!!」みたいな目標か夢か分からないですけど、言うだけ言って何もしようとしない人が多いなと感じます。

 

ぼくは人生に大それた夢も目標も別にいらないと思っていて、

自分が今日やりたいことを決めてやる。それだけで十分だと思っています。

 

「決めてやる」というシンプルな言葉を使ったけれどこの言葉を噛み砕くと、

「これをやろう」という決断力と「実際にやってみる」という行動力が伴って「やりたいことをやる」というのは成立するのだと思います。

 

為末さんのツイートを読んで、踏み出せない人、新しい挑戦ができない人は

「はみ出した経験」が足りていない人という新しい気づきが得られました。

 

小学校、中学校、高校(高専)、大学(専門学校)となって社会へ出ていくというのが

今の日本ではいわゆる「レール」と呼ばれるものなのだと思います。

 

けれどレールからはみ出さないように生きてきた人、

社会のや周りの大人のルールに従順に生きてきた人が思いきった人生を歩むことは難しいのかなと思います。

 

ぼくの場合はまず高校で第一志望に入れなくて、大学で第一志望に受からなくて、おまけに入った大学で留年して挫折の繰り返しでした。

英語が勉強したくて国立大学の情報系の学部からから私立大学の語学系の学部へ編入しました。卒業後勤めた上場企業も楽しそうに仕事をしていない先輩の姿を見て辞めました。

 

特に大学以降はレールから逸れっ放しの人生を歩んできたので、

為末さんの言う「はみ出す力」は磨かれてきたと思っています。

 

特に変化が激しい今の時代、一歩踏み出すことを怖がる人は厳しいと思います。

逆に考えると「はみ出し慣れ」してしまっている人の方が強い時代。

はみだす力 (宝島SUGOI文庫)

はみだす力 (宝島SUGOI文庫)

 

スプツニ子!さんじゃないけれど、

「はみだす力」を備えた自分の頭で考えて決めたことを行動に移せる人、実行できる人。このような人が求められている時代だと思います。

ではでは。