アイマイモコ。

広く浅く、ぼんやりと。

君の膵臓をたべたい。

7月28日から公開の新作。

今日観てきました。

kimisui.jp

住野よるさんの原作も、発売された当時から気になっていたのですが、読めておらず、

2月に上京してから映画も行く余裕がなかったのですが、この作品は観なければと思いました。

www.amazon.co.jp

ネタバレをする気はないですが、

内容は素晴らしかったです。小説も評判が良かったですが、映画も負けていないです。

 

主人公役の浜辺美波さんと、北村匠海さん

初めて知った女優さんと俳優さんでしたけれど抜群でした。

 

メディアの評判で感動するっていう事前知識を入れてしまうと、

冷めてしまったり、変な自意識が働いて素直に受け取れなかったりすることもあるんですけど、

感動しましたね、鼻水をすする自分との戦いでした。

 

こういう良い作品に出会うと、

文章なり、映像なりで自分でも作ってみたいなと思ってしまいます。

 

曲りなりにライターを名乗って2年が経ち、半年前からはWeb編集も本格的に始めたのですが

さらに「書く」とか「創る」ということの領域を広げていきたい自分がいます。

 

そのなかでも、「生きる」とか「死ぬ」、「愛」とか

君の膵臓がたべたいにも通じるようなテーマを

僕なりの解釈で表現できないかなと考えます。

 

高校生くらいから「人間ていつか死ぬのになんのために頑張るんだろう」とか、

そんなことを考える人間だったので、30まで生きてきて人生経験も重ねて、なんかやりたいですね。

 

ライターやブロガーの皆さんを揶揄するつもりは全くないですが、

僕がやりたいのはそういう表現ではないです。もっと人の心を揺さぶるようなものが創りたい。

 

Webなのか紙なのか映像なのか、

小説なのかエッセイなのか、あるいは詩なのか

それすらまだ漠然ですけれど。

 

音楽でも映画でも良い作品に出会うと、

「自分だったら何を表現できるか」ということを考えます。

それがはたして何なのか。

 

形にしたい。

形にしたい。

 

 スポンサーリンク

 

 

 

妙なプライドは捨ててしまえばいい。

どうもこんばんは。

私事ですが、今月頭に三十路を迎えました。

 

特に20代に後悔したこともないし、

与えられた環境の中でよく生きてこれたなと感じる今日この頃。

 

年齢を重ねるごとに減らしていきたいなと思うのが「プライド」。

これは本当に厄介な生き物だと思う。

 

「プライドなんてねーよ」って口では言っても、

やっぱり心の中ではプライドがある。

 

よく見られたい、悪く見られたくない。

かっこよく見られたい、かっこ悪く見られたくない。

 

こんな簡単なものでもないし、こんな簡単なものなのかもしれない。

なんだろう、「プライド」って。

 

辞書で引いてみると、

自尊心、誇りと出てくる。

 

自尊心も誇りも別に要らないよね。

削ぎ落してしまった方が楽に生きられる。

 

割と恥という恥は掻いて生きてきた20代の10年間だったけれど、

変わらず恥を掻いて生きていたい。

 

死ぬこと以外失うことなんてないのだから。

極端なことを言うと、自分ひとり死んだところで世界は変わらない。

 

だったら今を全力で生きてみればいいんじゃないだろうか。

恥とかプライドとかを捨て去って。

 

人からどう思われようが、常識がどうだとか難しいことは分かりません。

奥田民生のイージューライダー的な生き方で行きたいね。

(ちなみにイージューライダーは30歳のための歌だったはず)

 

さすらいでもいいけれど。

 

8月は妙なプライドを捨てて、

いろいろ仕掛けてみたいことがあります。

 

楽しみだ。

未知な世界って素晴らしい。

分からないって素晴らしい。

 

最後になりましたが、

Mr.Childrenの新曲「himawari」が本日発売。

Now on Sale!!


Mr.Children「himawari (Live ver.)」 MUSIC VIDEO (Short ver.)

 

 スポンサーリンク

 

 

 

大切なもの。

おはようございます。

3日間の弾丸ですが、5か月前まで住んでいた関西に来ております。

 

変わらない景色がそこにはありました。

街並みや会った人もみんな変わらない。

 

東京に住んで、慌ただしい5か月を過ごしてきました。

本当に慌ただしい、毎日が「闘い」と言ったら大げさかな。

 

目指していた場所にたどり着いて、

嬉しかったのと同時に、正直、自分の中で「本当にここに来たかったのか」と迷う日々もありました。

 

あと、自分が本当に大切にしたいもの。

これも見えてきた気がします。

 

ぼくは、名誉欲や、お金持ちになりたいというのが

優先順位のトップに来る人間ではありません。

(もちろん、褒められたら嬉しいけれど…)

 

お金は生活できるくらいあればいいし、

好きな本や音楽が聴ければそれでいい。

 

ぼくが本当に大切にしたいもの。

それは、自分が本当に“いま”この瞬間を本当に楽しめているか。

 

ワクワクできているか。

好きな人たちに囲まれているか。

 

仕事で「何をやるかよりも誰とやるか」ということがよく言われますが、

良くも悪くもそれを実感できた5か月間でした。

 

これまでは読む側だったヤフーニュースに自分の記事が載ったり、

自分の記事が雑誌に掲載されたり、

 

テレビに自分が映ったり、

憧れていた人と対面出来たり。

 

短期間で欲しかったさまざまな出来事。

達成できたことは嬉しかったです。

 

その反面、それによって失われていくものがあったことにも気付いていました。

「なんで目標が次々達成できているのに幸せじゃないんだろう?」って。

 

その大切にしたいものを再確認するために今回関西に飛ぶことを決断しました。

まだ1日しか滞在していないけれど、

その答えはぼくの中で見えた気がします。

 

あと残り1日、関西に滞在しますが、

いまの自分を見つめなおすいい機会になりそうです。

 

東京に戻ってからの自分の方向性もハッキリすると思います。

自分の人生は自分で変える。

そして、自分で切り開く。

 

 スポンサーリンク

 

 

 

やりたいこと やったもん勝ち。

おはようございます。

もう7月ですね。

 

気が付けば1年がもう半分も終わっているわけで、

時間が過ぎるのがあっという間だと感じます。

 

上半期を振り返ってみると、

大阪から東京への引っ越しと、小さい頃から憧れだったサッカー業界でのお仕事。

 

傍目からみると悪くないとは思います。

知人や友人、家族にも言われました。

 

けれど、自分の中で満足しているかといったら、

満足はしていないです。

 

むしろ、周りが持ち上げてくれるほど、良い意味で冷めるというか、

良い時期は長く続かないと言い聞かせる自分がいます。

 

あと、人間とは欲深い生き物で、新たな領域に踏み出すと、

また新たな冒険がしたくなるのだなと思います。

 

下半期はもっと自分の「心の声」というか、

好奇心や欲というものに身を任せていきたいと思います。

 

光GENJIの『勇気100%』。

忍たま乱太郎の曲です。(同世代ならわかるはず)

 

この曲に、「やりたいことやったもん勝ち 青春なら」

こういうフレーズが出てきます。

 

大人になってもこれは変わらない。

やりたいことを躊躇ったり、あれこれ考えている時間ほど無駄なものはないです。

 

自分のやりたいことをとことんやる。

その過程を楽しみたいし、それによって何が得られるのか、気付けるのか。

 

新しい発見や気付きにどん欲に生きていたいと思います。

ではでは。

 スポンサーリンク

 

 

 

「実践」を伴わない学びは「無」に等しい。

こんばんは。

久しぶりに時間が生まれたので、記しておきます。

 

学ぶことや勉強すること。

それ自体が悪いこととは思いません。

 

自らを向上させたり成長することに繋げたい。

意欲的で素晴らしいと思います。

 

けれど、世の中の人を見てると、

学ぶことや勉強すること自体を目的化している人が多いと気づきます。

 

セミナーや交流会に行き、資格取得を目指す。

行ったこと、資格を取ったことで止まる人が多いと感じます。

 

パーソナルな場なんでハッキリ言わせてもらうと、

その学びを実践に繋げられないのであれば、時間の無駄でしかないです。

 

ぼくは大学を卒業して4~5年が経ちますけど、

正直、仕事に役に立つことは仕事でしか身につかないと断言できます。

 

元々、mixiやアメブロなどに日記を書くことが好きだったぼくは、

ブログの執筆、運営を本格的に始め、ライターになり、いま編集者として生活できるまでに至っています。

 

もちろん、本も沢山読みましたし、人の講演会などにも行きました。

セミナーにもお金を使いました。

 

けれど、なぜぼくが好きだった「書く」ことを生業にできているかと言われれば、

シンプルに「書いてきた」からです。

 

コネクションなんて全く持っていなかったぼくができたのは、

ネット検索やTwitterのエゴサーチで媒体を見つけ、応募して、書く。

 

ブログやnoteを更新して自分を発信する。

誰でもできることです。 

 

一つ一つを積み重ねていく。

そのためには実践で磨くしかない。

 

絵が好きなら書いてTwitterやインスタに投稿する。

写真が好きなら撮りまくって、自分のHPやSNSで発信する。

 

フリーランスになりたいなら、クラウドサービスを使うなり自分で稼げるか試してみる。結局「やる」以外に方法はないんです。

 

自分の人生はあっという間に過ぎて行ってしまいます。

有限です。

 

その中で自分がやりたいことやなりたい理想に近づくためには、

実践、つまり「やる」こと。これ以外ないです。

 

学んだことを行動に移す、実践する。

人生を無駄にしないために、このクセをつけて欲しいと思います。

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

 

自己顕示欲と上手に付き合うということ。

インターネットが発達した現在、

ブログ、SNSで個人が自由に発言できる時代になりました。

 

その際に向き合う必要あがあるのが人間の「自己顕示欲」。

自分を人にアピールしていくという行為です。

 

この欲求は一見悪いことに見られがちです。

認められたいという欲求が行き過ぎてしまいがちだからです。

 

けれど、この感情、欲求自体は大小の違いこそあれ、

誰でも持っているものだと思うし、必ずしもネガティブなものではないと思うのです。

 

人に認められたい承認欲求や満たされていという気持ちは誰しもが抱えている。

小さいとき先生に褒められたかったのと同じように、大人になっても人間の本質は変わらないと思います。

 

だったら、自己顕示欲を持つこと否定するより、

上手くコントロールして、共存していくことを選んだほうがいいと思うのです。

 

よくないのは他人と自分を比較してしまうこと。

「あの人より自分は優れている」とか逆に「私は○○さんよりも劣っている」と勝手に落ち込んでしまうこと。

 

競争意欲は自分を駆り立てる材料になる反面、

行き過ぎて相手を憎んだり蔑んだりすることにもつながりかねないです。

 

そのように人との比較を考えるのでなくて、

ただ自分を満たすために使う自己顕示欲ならいいとぼくは思うのです。

 

個人が誰でもオープンに自分を表現できるようになったこの現代。

「自己顕示欲」と上手に向き合うことは大切だなとふと思うのでした。

「認められたい」の正体 ― 承認不安の時代 (講談社現代新書)

「認められたい」の正体 ― 承認不安の時代 (講談社現代新書)

 

 スポンサーリンク

 

 

 

上京から1ヵ月経過。東京へ来て良かったこと。

2月半ばに6年弱住んだ大阪から上京して1ヵ月以上が経ちました。

過ぎてみればあっという間です。

 

この1ヵ月間は慣れる期間と割り切ってたけれど、

ハッキリ言えるのは、上京したことは、ぼくにっては「正解」だったということです。

 

まだこれから恩恵はあると思うけれど、

今の段階で感じるよかったことを挙げていきたいと思います。

①人間関係が整理された

まずはこれですね。

人間関係をすっきり整理することができました。

 

6年弱も同じ場所に住んでいれば職場の仲間や友人・知人は増えていきます。

知り合いゼロから大阪に飛び込んだぼくにとって、これは本当にありがたいことでした。

 

けれど、同じ人間関係、同じコミュニティに依存することは変化、成長をとめてしまうことにつながるとぼくは思っています。

そういう意味でも今回の上京はタイミング的にも良かったと思います。

 

関西の知り合いには頻繁に会うことはできなくなったけれど、SNS、LINEなどコミュニケーション・ツールには困りません。

 なによりこの1ヵ月過ごす中で自分が本当に大事にしたい人や、これからもいい関係を築いていきたい人たちがはっきりしました。

これは親しんだ場所を離れないと分からなかったことです。

②自分の時間ができた

これは①とつながる部分もあるんですけど、

人間関係を整理することで自分の時間が増えました。

 

まだ上京して1ヵ月ちょっとしか経ってません。

学生時代の同級生や知人もいますけど関西にいた時ほど人とは会わなくなりました。

 

それによって自分が時間ができたらやりたかったこと、

ゆっくり読書する時間や、こうしてブログを書く時間も生まれました。

 

ほかにも時間が生まれたことでできることは増えたので、

自分のやりたいことのために一日一日を充実させていきたいです。

③会いたかった人に会える可能性が高まった

3番目がこれ。

これはいまのところ東京へ来た最大のメリットだと思っています。

camp-fire.jp

 スポンサーリンク

 

 

 

いまキングコングの西野さんが行っている「しるし書店」プロジェクト。

誰でも古本屋を作れるプラットフォームを作ろうというクラウドファンディングです。

 

ぼくはこのプロジェクトのパトロンになりました(3,000円×2)。

リターンは西野さん主催のバーベキュー大会、しるし書店出店に向けた勉強会です。

 

この支援も大阪にいたら「東京だから行けない」という理由で最初から参加しなかったと思います。

けれど、関東のイベントでも今ならためらわず参加できる環境を手に入れました。

 

ほかにも堀江貴文さんがやられているサロン、「堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」への参加も検討しています。

5月から参加できればと考えてます。

堀江貴文イノベーション大学校 | 堀江貴文イノベーション大学校

まとめ

いまのところ感じている上京したメリットです。

人生を大きく動かすために大事なのは「環境を変えること」

 

変化することを避けていると、いまの環境によくも悪くも慣れてしまい、刺激が弱くなります。6年弱大阪に住んだぼくは、その弱くなっていく感じをヒシヒシと感じていました。

 

別にみんながみんな東京へくる必要はないと思います。

地方へ移住だっていいし、海外へ飛び出すのも一つの方法です。

 

大事なのは自分がどのような人生を送りたいか、そのためにどう行動したらいいか考え、実行すること。

 

変化しない人生はぼくはつまらないと思うので、

これからも常に変化することをやめないでいたいと思います。

ではでは。