アイマイモコ。

広く浅く、ぼんやりと。

「やりたいこと」をやる為に、「やりたくないこと」を捨てる。

こんばんは。

5月はパソコンが壊れたり、iphoneが通信制限に引っかかったりして全然ブログが書けなかったので書けるときにどんどん更新していこうと思う今日この頃。

 

日々淡々と過ぎていく毎日を前向きに、ポジティブに過ごしていくために必要なことって何かと考えると、それは「自分がやりたいことをやる」ことだと思う。

 

今の自分が本当にやりたいことって何かなと思って挙げてみると、

 

①読書、webライティングを通して文章力を磨きたい、多くの人に読んでもらえる文章を書きたい

 ②欧州サッカー観戦の旅に出たい

③英語力の強化(会話力、文章力、リスニング力)

④障害者と健常者をスポーツ(特にサッカー)を通して結びつける活動がしたい

⑤好きな音楽を聴きたい、お笑いを観たい

⑥ダイエットと体力強化

⑦恋愛

 

状況によって変わってく場合もあるけれど大体こんな感じ。

①についてはこうやってブログを書いていくこともそうだし、5月下旬からサッカーキングオピニオンというサッカーメディアで記事を書き始めているのでこのまま継続できればいいと思う。(興味のある方は↓のリンクからどうぞ)

サッカーキングオピニオン

スポンサーリンク

 

 

③の英語力は大学を卒業してから全然やってないけれど、本腰を入れてやりたいなと思ってる。残り約2年残ってる20代のうちに本当に形にしたい。

 

これらをやっていく上で必要なことは何かと考えたら、

①「やりたくないこと」をやめること

②「やらなければならない」と思い込んでいることをやめること

 

この2つなのかなと感じる。

 

結構この2つができなくて人生の時間を浪費していってしまう人は多いのではないかと思う。自分がやりたくないことは、それをやりたい人に任せて、やりたいことに没頭する人生が一番理想的な生き方なのでないかと思う。

 

この2つを意識していけたらなと思う。

脳科学者の苫米地英人の本にもこう書いてある。

 

私とルー・タイスは「have to」はやめて「want to」だけをやりなさいと言っています。「have to」は「(本当はやりたくないけれど)やらなければならないこと」です。世の中には「have to」が横行しています。でも、先ほど見たとおり、本来、「want to」だけやった方がいいことだらけなのです。それをさせないのは、他人に「have to」をさせることで得をする人間がいるからです。その人たちは、権力とか影響力をもっているので、簡単には覆すことができません。

 

「どうせ私なんて・・・・・・」というようなネガティブな気持ちになっている原因がこうした「have to」ばかりやり続けていることによるストレスだとしたら、今ある「have to」を排除して、「want to」だけをやるようにすれば解決するはずです。悩んでいたネガティブな気持ちから抜け出せる上に、誰かの奴隷だった状態からも解放されるという一石二鳥もl期待できます。*1

 

 

「want to」 と「have to」の違いは理解しておきたいと思う。

ではでは。

 

 

今日からポジティブな自分に生まれ変わる

今日からポジティブな自分に生まれ変わる

  • 作者: 苫米地英人
  • 出版社/メーカー: 日東書院本社
  • 発売日: 2011/01/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 17回
  • この商品を含むブログを見る
 

スポンサーリンク

 

*1:今日からポジティブな自分に生まれ変わる!(苫米地英人)56~57P